債務整理に関しての情報

重曹うがいをフッ素歯磨きのあとに

歯を白く輝かせ、虫歯や歯周病を予防しきれいな歯を実現するための方法として、注目を浴びているのが重曹うがいで、これには賛否両論あるようです。虫歯でお困りの方静岡市 歯科に詳細が載ってます。

 

茶渋とかで汚れたカップが重曹(炭酸水素ナトリウム)できれいに真っ白くなりますが、2週間重曹で歯磨きを続けると、茶渋や黄ばみ、黒ずみ、タバコのヤニなどのステインをしっかり落とすと言われ、歯のホワイトニング効果があると期待されています。詳しくは静岡市 歯医者参考にしてくださいね。
しかし重曹で歯磨きをすると歯の表面にあり歯を守っているエナメル質が傷ついてしまいます。重曹うがいは、弱アルカリ性の重曹が虫歯や歯周病の原因となる酸を中和してくれるので予防することができます。情報が載ってます→静岡市 インプラントはこちら。

 

一方、重曹よりもフッ素に関するエビデンスは高く、歯の再石灰化を促進し、フルオロアパタイトを形成することで酸に強い歯が作られるとされ、虫歯菌が酸を作るのを抑制することが証明されています。このサイト静岡市 ホワイトニング←おすすめ。

 

重曹うがいも、歯と歯ぐき、歯と歯の間の磨きづらいところに効果的なので、フッ素入り歯磨きをしたあと重曹うがいをすると良いのではないでしょうか。